スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GSXR1000 フロントフォークオーバーホール 

GSXR1000のフロントフォークのオーバーホールやらせてもらいました。
オイルはモチュールのファクトリーライン ライト#5を使用
DSC01091.jpg

シールは純正品を使用
DSC01094.jpg

以前スクーデリアオクムラさんのサスペンションチューニングが施してあるとの事で、その際のデータにも基づきオーバーホール
最近の倒立サスペンションはインナーカートリッジ式が主流です。分解するにはちょっとコツとちょっとしたアイテムが必要です。
まずはトップキャップを外していきます
スプリングを縮めてキャップの下のロックナットを外しますが、大体体重をかけてスプリングを縮めれば大抵ナットを緩められるんですが、以前のサスペンションチューニングをした際に、バネレートを上げたようで体重をかけた位では縮みません
なんか良い方法がないか、頭をフル回転
スプリングコンプレッサーを買うか?でも作業中断したくないので
ホームセンターで買ってきた材料でスプリングコンプレッサーを作ることに
P1000274.jpg


おっ! ローコストでなかなか立派なスプリングコンプレッサーができました
DSC01104.jpg

外したオイルシール
DSC01099.jpg

スズキ純正品を取り寄せましたが、外と内2本バネが入ってました。改良されたんだろうか?
DSC01101.jpg

油面は95mmに
DSC01090.jpg


分解と逆の手順で組み上げて

完成!
DSC01106.jpg


これで次のレースはぶっちぎり優勝だね





スポンサーサイト

ありがとうございました 

カスタムスティード
Nさん本日納車
DSC01081.jpg

運転慣れたらお店に遊びに来てください。
この度はありがとうございました

Moto GP 2007 ツインリンクもてぎ 

9月23日(日) MotoGP日本グランプリ決勝 見てきました。
前日にクーラーボックスまで用意して準備万端にしてバイクで行く予定でしたが。空は灰色、今にも降りそう
天気予報降水確率、宇都宮70%
車で行くことに。クーラーBOXより今日はポットに温かいコーヒーでも入れて来れば良かった。
DSC01030.jpg


じっとしていると寒いので空いている時間を使って探検に
カメラ小僧になりきってがんばりました

コニカミノルタ
DSC01020-2.jpg

ダイドー
DSC00987.jpg

BS
DSC00986.jpg

コニカミノルタ?!
DSC00997.jpg

カワサキ
DSC00992.jpg

直管です
DSC00993.jpg

ドカ
DSC00999.jpg

一度は乗ってみたいもんです えーっ!
DSC01000.jpg

スズキ
DSC01049.jpg

NEWハヤブサ
DSC01046.jpg

カメラマンの先には
DSC01029-2.jpg

V6長野とノリックが!
DSC01025-2.jpg

柳川選手
DSC01018-2.jpg

ロッシのつなぎ
DSC01013-2.jpg

ハマーリムジン GPライダーが乗ってきたんでしょうか?
DSC01012-2.jpg

A-STYLE
DSC01008.jpg

ダンロップ
DSC01007.jpg


レースは125CCから始まり36台中24台しか完走できないサバイバルレース
12台は転倒リタイヤ。
250は日本人がレースを引っ張るが惜しくも表彰台は上れず。
MotoGPはウエットコンディションから始まり、途中セミドライにになる難しいコンディション。
タイヤ交換かと思いきやバイクごと交換しちゃうんですねー。草レースとは桁が違います
続々とピットインに入るので順位もめまぐるしく入れ替わり。
最終的にはカピロッシの3連覇!
そしてここ日本グランプリでケーシーストーナーがシリーズチャンプを決める、ドカティな一日でした。
外車がシリーズチャンプに輝くのは33年ぶりだそうです。
がんばれ日本!

スティード納車整備 

今日はNさんの愛車になるスティード号の最終仕上げ
タイヤ交換、ドライブチェーン交換などなどの作業は終わっていたが、油脂類の交換だけまだでしたのでそこら辺を進めました。

ブレーキフルード交換前
P1000267.jpg

交換後 
P1000268.jpg

新しいフルードは透き通っているんです。飴色になっていたら交換時期です。

エンジンオイル&フィルター交換
P1000269.jpg

P1000270.jpg


よしこれで全て終わったと思いテスト走行に。
のんびり走っていると分からなかったが、アクセルを大きく開けるとエンジンが少し息継ぎしたようになってしまう。
エアクリーナーが社外品のせいだからなのか?
プラグを外してみると真っ白 ん~ 燃料が足りない感じである
整備が仕上がったと思いきや、すっきりしないフィーリングなのでまたまたタンクを外しての整備
P1000279.jpg

そしてキャブレターオーバーホール
P1000278.jpg

犯人発見
P1000276.jpg

ガソリンを吸い上げるジェット類がだいぶ汚れていました。
思うようにガソリンが吸い上げられなくて息継ぎしてしまったようです。

再度テストラン
今度はバッチグーです

27日お届けに行きますので今しばらくお待ちください。

P1000271.jpg

P1000272.jpg

P1000273.jpg

おいしいうどんを食べに行こうツーリングレポート 

9月16日(日)
3日前の天気予報では、降水確率70パーセントなんて言われていましたが、30℃を越す真夏日となり無時ツーリングを行うことが出来ました。

AM6:30
ドライブイン集合
遠くから駆けつけてくれた方、暗い中出てきてくれたんだと思います。
近くの方も時間通りに集まってくれて予定通り出発することが出来ました。
感謝です
DSC00894.jpg

出発前にパチリ
DSC00900-2.jpg


AM8:30 
第一休憩ポイント 佐野藤岡IC手前の道の駅みかもに到着
腹減ったがまだ食べ物買う所が開いてなく、饅頭だけは買えたので大森君と作りたての饅頭をパクリ
朝飯がまんじゅうってのもなかなかおつなものでした。
DSC00903-2.jpg
DSC00901-2.jpg

先は長いので一服して出発

DSC00905.jpg
DSC00906.jpg
DSC00907.jpg
DSC00908.jpg
DSC00910.jpg
DSC00915.jpg
DSC00909.jpg


第二休憩ポイント
桐生のコンビに AM10:00
先頭の高野さんが集団で走るには、とてもいい感じのペースを作ってくれて集団が崩れることなくまとまって走ってくることが出来ました。感謝です
DSC00918.jpg
ここに着いたころには気温はぐいぐい上がり、上着を着ていた方は脱いでTシャツになる人も結構いましたね

次は一気に榛名湖を目指します。予定通りのペースできているのでお昼にはうどんが食べれそう

出発し少し走ると大島君号がトラブル発生

金属疲労でナンバーがブラケットごと折れて落下、そして車に踏まれるというアクシデント。
DSC00922.jpg


伊東さん号も続いてナンバーステーが金属疲労にて折れてしまうアクシデント
DSC00923_20070917115223.jpg
迅速なピット作業で修復

12:00目的地の 榛名湖到着 山の上は清々しい
頭文字Dの豆腐屋86は今日は走っていなかった
DSC00925-2.jpg

みんな写るように前列は屈んでパチリ
DSC00930-2.jpg


腹も減ってきたので、早くうどん屋に行こうと出発
DSC00932-2.jpg
DSC00935-2.jpg

温泉街に入ると徐々に大渋滞。
歩行者に抜かれてしまうぐらいの渋滞です。
混んでなければ15分ぐらいの所を1時間掛かりましたね。
下り坂の連続なのでみんなエンジン切って足でこいで前に進むハイブリッドに切り替えて走行
DSC00936-2.jpg


やっとの事今回のメインでもあるうどん屋に到着
予約しないで行っていたら1時間待つ所でしたが、予約していた為席を確保しといてくれました。深谷さん、田丸屋さん感謝です
雑誌やインターネットで調べた甲斐も有り、うどんも汁もベリーグッドでした。

DSC00940-2.jpg

おしんこ餅 おしんこと餅だからこう言う名前なんでしょう
DSC00937-2.jpg

観光地価格だけどおいしかった
DSC00945-1.jpg


PM2:00いざ帰路へ!
前橋ICまで向かう途中グループが3グループに切れてしまいはぐれてしまった

行方不明が出ないよう気を使っていたつもりだったがついに事態が発生
3人だけ行方不明
電話しても走っているから連絡が取れない
しばし前橋ICで待つことに・・・
一向に来る気配が無いので伊勢崎ICまで進む事に

すると3人のはぐれたグループから連絡が
高速乗りはぐれて下道で向かっているとの事
位置を確認するとあまり離れていないホット一安心

PM5:00
途中3グループに分かれてしまいましたが奇跡的に朝寄った道の駅みかもに全員で集合することができました。よかったよかった
ここで参加してくれた全員のバイクを紹介します
DSC00951.jpg
DSC00952.jpg
DSC00953.jpg
DSC00954.jpg
DSC00955.jpg
DSC00956.jpg
DSC00957.jpg
DSC00958.jpg
DSC00959.jpg
DSC00961.jpg
DSC00960.jpg
DSC00962.jpg
DSC00963.jpg
DSC00964.jpg
DSC00965.jpg
DSC00966.jpg

道の駅から上の沼のドライブインまでは道も1本道で全員把握していた為キャノンボールになってしまいました
全員無事帰ってこれて良かったです

今回は幅広い年齢層でバイクのジャンルも幅広く集まりましたが皆様の御協力のおかげでとても楽しいツーリングにすることができました。

またみんなでわいわいツーリングを企画したいと考えておりますのでまたその際はご参加宜しくお願いします。
お疲れ様でした。


ブログの画像で削除して欲しいのありましたらメールにて御連絡ください。
またブログ内の画像をクリックすると大きい画像になります。
画像のプリントアウトなど自由にお使いください。
見てくれた方、下のコメントをクリックするとコメント残せますので是非コメント入れてくれるとうれしいです。

一緒に行ったライムニンジャさんのブログです
http://blogs.yahoo.co.jp/weiand6_71/20885280.html

カスタムスクーターにまゆっぺとみよっぺが掲載されました! 

今月出たばっかのカスタムスクーター10月号にうちの常連様でもある、まゆっぺとみよっぺが掲載されました。すげーすげー
P1000238_20070906185424.jpg

P1000241.jpg

P1000242.jpg

雑誌の写真からもいつもの元気ップリが伝わってきます
愛車もかわいがられているようで、俺もうれしい限りです。

ドラッグスター ローダウン 

Iくんのドラッグスター号をローダウン
今回チョイスしたのは横浜ライニング製
ショック機能も兼ね備えつつ8CMも下がるんです。
DSC00849.jpg

その効果は如何ほどかと申しますと

ノーマル
DSC00847.jpg

ローダウンサス
DSC00850.jpg

リヤフェンダーがっぽりがぶっていてかっちょえええです
スプリングはノーマルと比べると硬いでしょうけど、このルックスなら多少のごつごつ感なら許してくださいね。

この度はありがとうございました

当店では横浜ライニングパーツ取り扱っております。
http://www.yokohamalining.co.jp/

CB1300SFフルパワー化 

国内仕様のCB1300SFは100PSに抑えられていますが輸出向けのパーツを組み込むことでフルパワー化することが出来ます。
吸気、排気、ECUで抑制されています。
既にマフラーは社外マフラーに交換済みでしたので今回は吸気とECUのフルパワー化です。

エアクリーナーの吸入口で吸気量が絞られています。
DSC00830.jpg

左側にボンドで詰まっているやつを外してやると吸入口はフルパワー化になるのですが今回は、より効率アップを図りTSRのエアーファンネルを装着
DSC00831.jpg


DSC00846.jpg


次にエアクリーナーBOX内に入っているエアファンネルを輸出の物に交換。
リヤ回りを外してあげないと、そこまで辿り着けません。
DSC00836.jpg


DSC00833.jpg

上 国内、 下 輸出
DSC00838.jpg

国内 28Φ
DSC00843.jpg


輸出 36Φ
DSC00844.jpg


よりパワーアップを図るため、点火時期を変更する為のTSRのスパークアドバンスローターも装着
DSC00851.jpg


ECUの配線を加工
年式によって作業の仕方が異なります。
DSC00853.jpg

完成
DSC00856.jpg


この度はありがとうございました

こちらの記事を見て作業を御自身で行い間違いがあってはいけないので詳しい解説は省略させていただきました。もし御自身でやられてトラブルがあっても当方では一切責任は負えません。
また情報の一人歩きを防ぐ為ECU加工の問い合わせにつきましては一切お答えできません御理解お願いします。
m(_ _)m

CBR車検 

KさんのCBR1000RRの車検をやらせてもらいました。
当店では80項目の点検を行います
2005年モデルのまだ新しい車両ですが、2年でブレーキフルードはこんなに劣化してしまうんです
交換前
P1000237.jpg

交換後
P1000238.jpg
ブレーキフルードが劣化すると沸点が下がり連続ブレーキでエア噛みの原因となります。車検の度に交換お薦めします。

クーラント交換
P1000234.jpg
クーラントの大きな役目は防錆、防腐、消泡作用です。
古くなるとその効果が薄れてきてしまい冷却系統を腐食させてしまったりします。近年のクーラントは環境を考え昔のと比べるとロングライフですが、やはりたまに交換してあげなければなりません。


オイル交換
P1000232_20070902001914.jpg

エンジン内部を流れる血液です。冷却、潤滑、密閉、洗浄といったとても重要な役割を果たしています。排気量や、使い方によって一概には言えませんが当店では3000kmおきに交換お薦めしています。

エアークリーナー
P1000235.jpg
国内仕様とフルパワーでは吸気系の違いで馬力を変えています。

P1000239.jpg

この度はありがとうございました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。