スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャリー チューニングエンジン完成 

彰さんシャリー号のエンジンチューニング完成しました

今回のメニューは5速ミッションとタケガワスペシャルクラッチの組み込みです。
エンジンを上から順に分解して行きます。
20070418233809.jpg

20070418224922.jpg

20070418225028.jpg

左がタケガワ5速ミッション 右がノーマル4速
ギヤの数も、シフトフォークの数も違うの分かります?
20070418225102.jpg

これがシフトドラム&シフトフォーク。チェンジペダルを上げ下げする事でシフトドラムが回り、ドラムに刻まれた溝に沿ってシフトフォークが動き、ギヤのかみ合いを替える重要なパーツです。
20070418225130.jpg

思わぬ副産物発見
通常クランクシャフトは圧入のみでくみ上げられているが溶接の跡が購入時中古エンジンでしたのでここまでは分かりませんでしたが今回開けた事で、クランクシャフトの芯だし&溶接にてずれ止めがしてあった。こうすることで振動軽減や耐久性アップにも繋がりますのでラッキーです。
20070418225144.jpg

アンラッキーな出来事も
ミッションは持ち込みでしたがミッションを組みつけようと進めていくと、おや
スプロケット取り付け部のカウンターシャフトの形状が見慣れない形状をしている。↓
20070418231010.jpg

これでは現行のスプロケットが付けられない。どうやら旧型だったらしい。
急いで現行のカウンターシャフトを注文し取り付け
現行型はスプラインの途中にプレートを引っ掛ける溝が切ってあります。
20070418231023.jpg


ミッションを組み込んだら左右のクランクケースをドッキング
20070418231342.jpg

そしてスペシャルクラッチを取り付け
スペシャルクラッチはクラッチハウジングの位置を元はクランクシャフト直で付いているが、ギヤを返して後方に。こうすることで回転を半分以下に落とすことが出来、高回転まで回してもクラッチの破損の恐れも無いですし、12Vエンジンノーマルはプレート1枚だが5枚に増やして容量を大幅に確保することが出来るんです。
20070418231356.jpg

スペシャルクラッチのカバーを付けるとエンジンが、がらっとチューニングエンジンの風格が出ますね
20070418231409.jpg

慎重に腰上も組んでいき
20070418232040.jpg

完成
20070418232057.jpg


前回のチューニング内容も含めて現在までの仕様
タケガワ
スーパーヘッド+R
R25ハイカム
ピストンボア52mm×50mmロングストローククランク=106cc
5速ミッション
スペシャルクラッチ
オイルクーラー用サーモスタット
強化カムチェーン
強化オイルポンプ

スプロケギヤ比次第では130km/h前後は出るでしょう

車両に組み付け終わったら感想聞かせてください。
いつもごひいきありがとうございます

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/131-32ca1bc3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。