スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB1300SFフルパワー化 

国内仕様のCB1300SFは100PSに抑えられていますが輸出向けのパーツを組み込むことでフルパワー化することが出来ます。
吸気、排気、ECUで抑制されています。
既にマフラーは社外マフラーに交換済みでしたので今回は吸気とECUのフルパワー化です。

エアクリーナーの吸入口で吸気量が絞られています。
DSC00830.jpg

左側にボンドで詰まっているやつを外してやると吸入口はフルパワー化になるのですが今回は、より効率アップを図りTSRのエアーファンネルを装着
DSC00831.jpg


DSC00846.jpg


次にエアクリーナーBOX内に入っているエアファンネルを輸出の物に交換。
リヤ回りを外してあげないと、そこまで辿り着けません。
DSC00836.jpg


DSC00833.jpg

上 国内、 下 輸出
DSC00838.jpg

国内 28Φ
DSC00843.jpg


輸出 36Φ
DSC00844.jpg


よりパワーアップを図るため、点火時期を変更する為のTSRのスパークアドバンスローターも装着
DSC00851.jpg


ECUの配線を加工
年式によって作業の仕方が異なります。
DSC00853.jpg

完成
DSC00856.jpg


この度はありがとうございました

こちらの記事を見て作業を御自身で行い間違いがあってはいけないので詳しい解説は省略させていただきました。もし御自身でやられてトラブルがあっても当方では一切責任は負えません。
また情報の一人歩きを防ぐ為ECU加工の問い合わせにつきましては一切お答えできません御理解お願いします。
m(_ _)m

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/176-debe526d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。