スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわりの一品 SP-Rブレーキフルード 

P1000342.jpg
ワコーズのレーシングブレーキフルードSP-Rが入荷しました。
どの辺がこだわりなのかと言うと。
まずは値段、500mℓ入りで1本 3150円
一般的なDOT4ブレーキフルードの3~4倍の値段なんです

その分性能は抜群です!
ブレーキフルードには耐熱性が求められてきます。
連続ブレーキでディスクとパッドが摩擦で高熱を発生→キャリパー→フルードに熱が伝わってきます。
水は100℃で沸騰します。沸騰するとエアーが液体内に発生します。
そうなるとブレーキはスカスカに もちろん水は入れませんが例え話
一般的なDOT4規格のブレーキフルードのドライ沸点(開けたばかりの新品)260℃
ウエット沸点(フルードは吸水性がある為しばらく使用した古くなったフルード)170℃
古くなったフルードを使用して峠などで連続ブレーキを使用するとブレーキがスカスカになり易くなります。

その沸点がこのSP-Rはなんとドライ沸点323℃
カチッとしたブレーキタッチと高いコントロール性を長時間維持できます。数々のレースで実績のあるレーシングブレーキフルードです。
競技用に開発されましたがストリートからサーキットまで使用することが出来ます。
当店のお客様でサーキット走行で使用する方からも効果は歴然!との好評の声をいただいております。

カスタムパーツを一つ付けたと思ってSP-Rブレーキフルードを試してみませんか?
フルードは吸湿性がある為劣化し易い液体です(生もの)。しばらく交換していないフルードは交換お薦めします。

現在、在庫ありますので御来店いただければすぐに交換できます。

フルード交換工賃
シングルディスク 1400円
ダブルディスク  2100円

コメント

ほえ~、

そんなにも沸点って
ちがうものなんだ!
ちとビックリしました。

吸水性があるということは
エマルジョン化しやすいと
いうことですか(僕らの業界では
そういう言い方をするんだけど、
同じかな)?

Re tkさん

そーいえば、誤ってこぼした時、水で流すと白っぽくなるかも。
主成分はポリグリコールエーテル。
分かる?
油と水は分離するけど。水と中和するから油とは違うんだよね。
だから
ブレーキオイルとは言わず、ブレーキフルードと言った方がかっこいいね!

主成分

ポリグリコールエーテル、
知らなかったね。

僕らの世界では、
エーテルリン酸や、
ポリオキシエチレンオレイルエーテル
などが
乳液などに含まれてます。
化学式はきっと
似てるのかな。

Re tkさん

濃いー会話だねi-179
博士i-184

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/205-78a8ed8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。