キャリパーメンテ 

ブレーキが引きずる理由と、パッドも少なかった為
K君号のキャリパーのオーバーホールをやらせていただきました

マスターのふたを開けてびっくり。
フルードが、劣化し、茶色に変色、固形物まで出来ていました。
新品フルードは黄色がかったほぼ透明色です。
キャリパーにも同様に固形物が!
汚れ、シールの劣化などにより引きずりを起こしていました。
P1000406.jpgP1000405.jpgP1000407.jpgP1000408.jpg

ごしごし、一生懸命清掃してから、新しい部品を組み上げていきます。
P1000409.jpgP1000410.jpgP1000411.jpg

最後にエア抜きをして完成
スムーズにホイールも回るようになりました。

ブレーキフルードは吸湿性がある為、定期的に交換しなければなりません。
車検のあるオートバイは車検時にメンテナンスする機会がありますが、250CC以下の車両は点検の機会が少ない為忘れがちです。
フルードは生ものですので、定期的に交換してあげてください。
2年に1度は交換お薦めします。

いつもありがとね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/221-70e9dc93