スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムシャフト 

カムシャフト。人間に例えると横隔膜??
 
エンジン内に混合気の流入、排ガスの排出を寸分の狂いもなく規則正しいタイミングで行う為の重要なパーツです。
またエンジンのヘッドチューニングには欠かせないポイントのパーツです。

チューニングを兼ねてのカムシャフト交換をやらせてもらっています。
H20-7-16 005H20-7-16 006
 
CB750FにCB1100Rのカムシャフトを流用チューン
CB1100Rのカムシャフトはリフト量も高く、高回転型のカムで高回転域でのパワーアップが望めます。
H20-7-16 002

カムシャフト交換ついでにバルブクリアランス点検調整
DOHC16バルブ なのでシムも16個
ほとんどが基準値オーバーでした。
大幅に狂っているとメカノイズが大きくなったり、狭すぎると圧縮漏れの原因にもなるのでエンジン不調に繋がります。
あまり頻繁にやる必要はありませんが距離走ったエンジンなどは見てあげるといいですよ。
H20-7-16 008H20-7-16 012

マイクロメーターの登場!
バルブクリアランスは1/100mmの世界の管理、シムの厚みを測る為こいつの出番です。
基準値を外れている分引き算をして厚みの違うシムで基準値に合わせるんです。
H20-7-16 015

カム交換の効果が楽しみですね

コメント

もしかしてNさんのマシンですか?彼もなかなかの飛ばし屋ですからね!目標250KMでお願いします(^^)

  • [2008/07/17 10:17]
  • URL |
  • シロブサ350KM
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re シロブサ350KMさん

当りです、Nさんの愛車です。
CB750Fの250kmは結構高いハードルですi-229
でも不可能ではないです。

  • [2008/07/17 11:49]
  • URL |
  • ガレロン店長 
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/286-9e60b698

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。