スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ストエンジン、乾式クラッチ いいですね! 

地球上では二酸化炭素の排出削減やら、一都三県ディーゼル規制やら、空気を綺麗にする方向へと足並みを揃えて来ています。
1990年後半から出てきた2輪排ガス規制、その前は4輪しか規制が無かったが2輪の方へもその波が押し寄せてきた。
2サイクルエンジンはオイルもガソリンと一緒に燃やし、4サイクルエンジンと比べると吹き抜ける未燃焼ガスが多いため結果、がんばっても排ガスの規制をクリアできない為、国内4メーカーは肩を並べる様に2サイクルが消えていった。

クリーンな環境を作る為には仕方の無い事だが、ちょっぴり寂しい
中古市場にはまだ玉はあるが、作らないのだからいずれ希少になって行くのであろう。

排ガスはクリーンではないが4サイクルと比べると優れた部分はたくさんある。
①4サイクルは1回の爆発を起こす為にはエンジンが2回転回らなければいけないのに対して
2サイクルは1回転で1回爆発。2回転回ると2回爆発。
同じ回転数でも2倍の爆発数の為、同じ排気量なら2サイクルの方のがパワフルなエンジンなのである。
②4サイクルのようなバルブ機構を用いない為、エンジンを軽量コンパクトに作れる。その為車両も軽い。
他にもたくさんあるがこの2つが大きい優れた部分ですよね。

最終ガンマもかれこれもう10年以上経つんですね。

時間と共に経たってしまった駆動系、フロント周りのメンテナンスをやらせていただきました。

ごっついスイングアームにはレーシングスタンドが良く似合う
かっちょええな~
H20-7-21.jpg

フォークのオーバーホール
さすがレーサーレプリカ。250ccのバイクとは思えないほど豪華装備なサスペンション。
インナーカートリッジ式で、伸び、圧減衰、イニシャル調整機能の付いた倒立フォーク
オイルはワコーズをチョイス。
H20-7-21 015H20-7-21 003H20-7-21 010H20-7-21 012

ステムベアリング打ち換え
H20-7-21 013H20-7-21 014

フロント周りのがたつきも消えましたので、気持ちよく乗れると思います

コメント

約20年前にハーベー(HB)ガンマというマシンがありまして、二速で引っ張ると軽くウイリーしましたよ。なつかし~な~!

  • [2008/07/22 07:31]
  • URL |
  • シロブサ350KM
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

面倒な作業サンクスです。ぜんぜん急いでないのでしばらく置きっぱなしでもいいですよ。試乗おkなので暇なときがあるのなら乗って遊んでください。

Re シロブサ350KMさん

シロブサさんもガンマに乗った事あるんですね。
スズキの2ストは、ピーキーなエンジン特性で通好みな感じでとっても面白いですよね。

  • [2008/07/22 16:30]
  • URL |
  • ガレロン店長 
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re 男爵さん

この度はありがとうございますi-236
また何かありましたら使って下さい。

フロントもしっかりし、ファイナルも変更したのでタイム縮まること間違いなし!

  • [2008/07/24 19:21]
  • URL |
  • ガレロン店長 
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/288-d0cb0a2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。