スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタータークラッチ 

CB-F系エンジンのウイークポイントとも言えるスターターワンウェイクラッチ
エンジン始動時にはセルモーターとエンジンが接続され、エンジンが掛かるとフリーになる構造
H20-7-29 002H20-7-29 001

長年の使用と共に、経たって始動時に滑って、セルが空回りなんて事がこのエンジンは良くあるんです。V-MAXなんかも多いですかね。

CB1100Rのカムへの交換も終わり、本日修理完了です。
6500RPMからのパワーの出方が格段に良くなりました。

次のツーリングが楽しみですね

いつもありがとうございます

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/290-95d45004

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。