スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェイトローラー 

TMAXの駆動系のメンテやらせてもらっています。

走りを追求したスクーターならではの構造
リヤのストローク量とバネ下の軽量を考えた構造でシート下右側にプーリーがあるんです。
ヤマハのこだわりを感じます
H20.10.27 001
H20.10.27 002

スクーターの変速には欠かせないウェイトローラー
輸出仕様は20gで国内モデルは29g 一台分だと8個使っているので
輸出モデルは20×8=160g 国内は29×8=232g
H20.10.27 003

ウェイトローラーが遠心力で外側に移動する事でプーリーを押し広げることで変速を行っているんです。
軽くなれば押し広げる力が同じ回転数だと弱いのでもっと回転を上げなければ変速できません。

分かり易く言うと、ウェイトを軽くするとエンジンを引っ張らないと変速しないのでスポーツ走行向け
重いと低回転で変速するのでクルージング向けといった感じでしょうか。

この構造を一番最初に考えた人はすごいなぁ

コメント

高速道路を一人でかっとんで行くV-maxには勝てますか?
オーバーサイズのピストン必要でしょうか?

Re Tバックスさん

i-201(笑)さすがにVMAXには勝てませんi-179排気量的にTMAXのエンジン3つ必要です

  • [2008/10/31 10:18]
  • URL |
  • ガレージロングフェロー店長 
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/329-436ec915

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。