RMX250修理 

高回転が回らないとの事でお預かりさせてもらいました

まずはエアクリーナー、キャブレターを点検
P1001915.jpg
異常無し

次に排気バルブをチャンバーを外して点検
P1001917.jpg
バルブ本体目視では異常無し

じゃあどこだ?

バルブを動かす為のロッドを点検したところ???

おや?あれ?

外れている
P1001916_20090720111858.jpg
ロッド連結部の樹脂が経年劣化で緩くなり外れてしまったようだ
これではバルブが開かない

外れ難いよう対策して装着しエンジン始動
テスト走行でも上まで回るようになりました。

良かった良かった

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/407-6bac1cd7