スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4ミニエンジン修理 

エンジン不調の修理をやらせてもらっています

エンジンが8000RPM以上回らない
原因はなんなんだ?

吸気、排気系から点検異常無し

少しメカノイズもあったためバルブクリアランスチェック、規定値

カムシャフトをチェック
P1001938.jpg

ありゃ!
原因はこれです
左 NG   右 正常品
左の装着されていたカム山が磨り減って磨耗していました
カムは磨耗するとバルブタイミングの狂いやバルブが十分に開かないといった不具合が発生します。
P1001936.jpg

ロッカーアームも磨耗
P1001937.jpg

チューニングされたエンジンは高負荷、高回転を多様します。
オイルポンプを強化タイプにしオイルの流量を増やし
オイルクーラーや油温計の装着で油温管理し
チューニングエンジンに見合った質の高いオイルを使用してエンジンを保護してあげましょう

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/413-aec4648b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。