ブレーキフルード交換 

本日、萩野谷君が愛車ハーレーダビッドソン FXDLでブレーキフルードのメンテナンスに来店してくれました。
P1000549.jpg

P1000548.jpg

国産車、イタ車、ドイツ車、などなどはDOT4もしくはDOT3規格のフル-ドを使っているんです。この2つは主成分一緒で、沸点が若干違うだけで、特徴としては水に溶けるんです。
しかしアメ車(ハーレーダビッドソン)はDOT5を使っているんです。
DOT3、4とはまったく別物なんです。大きな特徴は5は水に溶けないんです。水と混ぜるとドレッシングみたいに分離します。まさに油といった感じ。
両者とも利点、欠点ありますが、アメリカと日本の気候の違いでハーレーはDOT5を使っているという説も。

いずれにしても、ハーレーのブレーキフルードにいたっては、規格を間違えると分離してしまうので自分でやられる方は気をつけてくださいね

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/47-edcd13f4