スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-KING修理 

FIの警告ランプが点灯してしまったとの事で、修理をやらせてもらうことに

色々調べを進めていくと、マフラーの中間にある排気バルブが動いていない

さらに調べを進めていくと、そのバルブをコントロールするアクチュエーターが動かない

部品単体に電圧をかけても動かないので、アクチュエーターの故障と判断



交換作業も終わり、正常にコントロールバルブも動くようになりました。
同時に警告ランプも消灯


無事直りました。お待たせいたしました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/700-eb86c734

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。