スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPZ900R 吸気チューン 

廣沢さんの愛車を吸気系のチューニングやらせていただきました。
内容はノーマルエアークリーナーBOXを外して、パワーフィルターに交換。
P1040446a.jpg

P1040447a.jpg

P1040449a.jpg


社外のレース用キャブレターはたくさん利点ありますが、今回はノーマルキャブの利点を生かしノーマルキャブでパワーアップさせようということに。
レスポンスやセッティングの幅、最高出力などレース用キャブFCRやTMRには一歩劣りますがノーマルのキャブはアクセル操作が軽い、低い回転でアクセル操作ををラフに行ってもギクシャクたりすることがないので扱いやすいなど。良いところはあるんです
ノーマルエアークリーナーの取リ入れ口の面積に対してパワーフィルターにすることで何倍もの吸入面積になるので吸気抵抗が無くなり、よりたくさんの空気をエンジン内部に取り込むことが出来ます。
次に大事なのが空気の増加に対してガソリンもそれに見合った分エンジン内部に入れてあげることではじめてパワーアップするんです。

メインジェット(ガソリンの取り入れ口)左ノーマル 右今回使用の物(ノーマル比約1.5倍のガソリンの量を吸いあげる上げる大きさです) 
P1040448.jpg


テストランさせてもらいましたが8000RPMから上が特にパンチが効いた感じになりました。
ルックスもレーシーな感じになりましたね

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/77-88171a10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。