スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレンボラジアルマウントキャリパー 

深谷さんの愛車GPZ900Rにブレンボ製(ドカティ999と同じ)ラジアルマウントキャリパーの取り付けを行いました。
ラジアルマウントとは取り付けボルトのつけ方が進行方向に締め付けるんです。剛性アップを図ってのつけ方なんです。
でももともとのフォークはラジアル対応で無いのでサポートを用いて装着。サポートは始めはワンオフ作成も考えましたがコスト面を考え、GSXR1100の足回りを装着しているのですがGSXR1100用はどこのメーカーでもラインナップ無いので、アグラス製GSX1300R隼用を加工して装着。
ハヤブサ用をチョイスするまでも検討に検討を重ねての結果で決まりました。キャリパーピッチやディスク径などなどどんなサポートでも付くわけでは無いんです。
キャリパーが無事つけ終わってホット一息して最後にエア抜きをして完成と思ったら、エア抜きのブリーダーがこのキャリパーには付いていないんです。最後になって気が付きました
追加注文にてバンジョーボルトとブリーダーがセットになっているパーツを装着。
20061205230804.jpg

20061205230818.jpg

リヤも同じくブレンボに。ケインズ製のサポートがドンピシャではまり綺麗につきました。
20061205230832.jpg

いやー道のりは険しかったですが最終的に上手く付いてよかったっす
倒立フォークのニンジャにラジアルマウントキャリパーをつけている人はなかなかいないと思いますよ。
目立度抜群です

この度はありがとうございました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garagelongfellow.blog65.fc2.com/tb.php/83-7d0cef70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。